マンチェスター(イングランド)

投稿者: きくずみん 投稿日:

https://ja.wikipedia.org/wiki/マンチェスター

https://en.wikipedia.org/wiki/Manchester

https://kikuzuming.com/wikipedia/マンチェスター – ウィキペディア.webarchive

マンチェスター(/ˈmæntʃɪstər, -tʃɛs-/)[4][5]は、イングランドのグレーター・マンチェスターにある都市です。2021年のイギリス国勢調査の人口は552,000人だった

中世を通じて、マンチェスターは荘園の町のままでしたが、19世紀の変わり目に「驚くべき速度で」拡大し始めました。マンチェスターの計画外の都市化は、産業革命中の繊維製造のブームによってもたらされ[8]、世界初の工業都市になりました。9] マンチェスターは1853年に都市の地位を獲得した。マンチェスター船舶運河は1894年に開通し、マンチェスター港を創設し、西に36マイル(58 km)のアイルランド海と都市を結びました。

マンチェスターは1282年に市場を持っていると言及されています。[24] 14世紀頃、マンチェスターはフランドルの織工の流入を受け、時には地域の繊維産業の基礎として認められました。[25]マンチェスターはウールリネンの製造と貿易の重要な中心地となり、1540年頃までに、ジョン・リーランドの言葉で「すべてのランカシャーの中で最も公正で、最もよく建てられ、最も速く、最も人口の多い町」になるように拡大しました

約1600年以降、最初はリネン/コットンフスティアンでかなりの量の綿が使用され始めましたが、1750年頃までに純粋な綿織物が生産され、綿が重要性でウールを追い越しました。17] アーウェルとマージーは1736年までに航行可能になり、マンチェスターからマージーの海ドックまでのルートを開いた。英国初の完全人工水路であるブリッジウォーター運河は1761年に開通し、ワースリーの鉱山からマンチェスター中心部に石炭をもたらしました。運河は1776年までにランコーンのマージーまで延長された。競争と効率の向上の組み合わせは、石炭のコストを半減させ、生綿の輸送コストを半減させました。

マンチェスターはマルクス主義と左翼政治の歴史の中で注目すべき位置を占めています。

1844年のフリードリヒ・エンゲルスの作品「イギリスの労働者階級の状態」の主題です。

エンゲルスは人生の大半をマンチェスターとその周辺で過ごし[36]カール・マルクスがマンチェスターを訪れたとき、彼らはチェサム図書館で会いました。マルクスが当時読んでいた経済学の本は、マルクスとエンゲルスが出会う窓際の席と同様に、図書館で見ることができます。[23] 

最初の労働組合会議は、1868年6月2日から6日までマンチェスター(メカニクス研究所、デビッドストリート)で開催されました。マンチェスターは労働党サフラジェット運動の重要な発祥地でした